SNS & WEBマーケティング辞典

インターネット便利帳

未分類

メタバースとは

更新日:

現在ディズニーやMicrosoft、Facebookなどの事業展開により注目されるようになったものがmetaverseです。メタバースとは一体どのようなものなのか、従来の仮想空間とはどのような違いがあるのか、様々な特徴を把握しておくことが大切です。

そもそもメタバースとはどのようなものなのかと言うと、アバターを介してアクセスを行うデジタル仮想空間サービス、また仮想空間そのもののことを指しています。利用者は自由な風貌にアバターを設定し、仮想世界に入り込みます。

その中で提供されているサービスを利用する、他のユーザーとのコミュニケーションをとるなどのことができます。仮想空間をプラットフォームとし、新規のビジネスを開拓するニュアンスを持ちますが、定義は流動的となっています。
コンシューマーの支店においては、あつまれどうぶつの森に見られるようなユーザー同士が交流するゲームを広義に含めるといった動きも見られます。

この言葉が生まれたのは1992年のことであり、つまりit革命が始まったのとほぼ同じ時期だと言われています。メタは超を意味していて、ユニバースは宇宙を意味しますが、これを合わせた造語がメタバースです。

SF小説SNOWCRASHの中で提唱された言葉です。仮想空間ビジネスにおいては、it革命で様々なサービスがインターネットから提供されるようになりました。それに伴い社会の構造が大きく変化が見られた当初から注目されているもので、2000年代になるとセコンドライフが話題となったのです。

そもそもメタバースは、主にethereumネットワークにおいて開発がなされ、展開するプロジェクトが非常に増えてきています。それぞれのメタバースの中で必要となる仮想通貨は異なる為、事前の準備が必要です。

コインチェックにおいては、国内の取引所でも特に取り扱い仮想通貨が多く、マーケットプレイスにおいても積極的に注力していると言えるでしょう。

現在ではただの仮想空間に過ぎず、インターネットを開始人々が集まる場所や経済活動の場としても確率がなされています。

なぜここまで急成長を遂げたのかと言うと、その一つにNFT活用による経済活動が挙げられます。ゲームの中のアイテムや土地などをNFT化して売却することによって、ユーザーの収益につながるのです。収益化を求めてユーザーが集まって、NFTを構築することによって、提供元となるプロジェクトのトークン価値が高まって、それだけでも経済が画期的になります。

-未分類

Copyright© インターネット便利帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.