ネットビジネスとSNS & WEBマーケティング辞典

副業コンシェルジュ

未分類

日本語教師として稼ぐ

投稿日:

日本語教師というのは外国人に対して日本語を教える職業のことをいいます。日本人であれば義務教育でかならず国語教育を受けていますので、余裕で稼ぐことができそうですが、実際には国語教育と日本語教育には大きな違いがあります。国語教育の対象は生粋の日本人であり、彼らにとっての日本語は母国語です。ところが日本語教師が相手にするのは外国人であり、外国語としての日本語を教えなければならないため、文法や指導方法なども独特なものになっています。そのため専任の日本語教師として本格的に稼ぐつもりであれば、日本語学科のある大学で所定の科目を履修した上で、日本語教育能力検定試験とよばれる特別な試験に合格することが近道といえます。就職先には国内の日本語学校や大学の教育機関、企業の訓練機関が一般的ですが、そのほか海外に赴任して現地の日本語学校に採用される方法などもあります。もしも副業程度でよいということであれば、たとえば自治体が開催している日本語教育ボランティア養成講座を受講するか、または民間の通信教育課程の日本語教師養成講座を受講して、まずは必要な知識を蓄えるのがよいでしょう。ひととおりの知識を得たら地域で有償ボランティアを募っている日本語教室に所属するなどして、そのつど謝礼を受け取る方法があります。そのほか常勤ではなく、スポット的に非常勤で日本語教師を募集している企業などがある場合もありますので、こうした機会を活用して稼ぐことです。

-未分類

Copyright© 副業コンシェルジュ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.